こんにちは、だんなです。
今週末も土曜は重賞なしで、日曜に2重賞ですね。

上期は残るところ宝塚記念って感じで、函館開催も始まり、すっかり夏競馬モード
この時期は競馬から少し離れるって方も出てくるでしょうか。
この機会に上期の結果を振り返って、下期に向けて、全体の傾向を掴んでおこうかと思います。

下の表は今年の重賞競走の結果1~3着をずらっと並べたものです。
先週までで全63レース(うち芝57レース、ダート6レース)です。
ってか重賞だけでもそんなにあるんですね~ 


重賞競走結果一覧


まぁこの結果を眺めてるだけでも、なんとなく全体の流れは分かるかと思います。
とりあえず芝レース(57レース×1~3着 = 171 が出現数の母数)に限ってをちょっと見てみると…


父の成績で出現回数上位は…

①ディープインパクト 43回
②ロードカナロア   12回
③オルフェーヴル   11回
④ステイゴールド   10回
⑤キングカメハメハ  8回

流石のディープインパクト! 2位のロードカナロアにトリプルスコア以上ですか!!


次に生産で出現回数上位は…

①ノーザンファーム    69回
②社台ファーム      25回
③ノースヒルズ       8回
④コスモヴューファーム  5回
⑤社台C追分ファーム   4回
⑤三嶋牧場          4回

こちらも流石のノーザンファーム! そして、社台ファーム!
大手以外で健闘しているのは三嶋牧場! がんばってほしいですね。


騎手の出現回数上位は…

①C.ルメール  11回
②北村宏司   11回
③横山典弘   10回
④M.デムーロ  10回
⑤福永祐一    9回
⑤池添謙一    9回
⑤松山弘平    9回

こんな感じ。 やっぱしルメール! そして、意外と言っては失礼ですが、北村宏騎手が同数!
横山典騎手、デムーロ騎手も流石の存在感。 ビックレースに強い池添騎手も健在です!


最後に出目ですね!馬番の出現回数上位は…

①6番  21回
②1番  18回
③5番  15回
④7番  15回
⑤3番  13回

まぁ当たり前と言えば当たり前で、競馬は陸上競技と一緒でトラックレースですから、
内側が物理的に有利なのは明白なんですよね。
二桁馬番以降で出現回数が多いのは12番の11回と10番の9回、14番・16番の8回ってところです。
でやっぱし大外の17番・18番はともに2回だけと最低…普通に大外枠は不利なんですよね。



とまぁこんな具合で見ていくのに、結果を並べるだけでも役立つかと思います。
暇なときに眺めてみて、ご活用くださいな。