こんばんは、だんなです。
土曜は重賞競争もないので、たまには競馬に関係ない話でも…

題の通り、先日、大腸内視鏡検査を受けてきました。
コロナ禍もあって、昨年の定期健康診断を受けた時季が遅くなってしまい。
いつもは春先なのが、昨年11月とかに受けたんですよねぇ
その結果で、大腸がん検査にひっかかって、ちゃんと検査を受けた流れです。

最近、親族にポリープ切除した方がいたのと、早期発見が大事らしいので、
念のために受けておこうと思い立った訳です。

_20210122_232051


気になって色々と調べちゃったりすると、日本の死因って、
やっぱり癌がトップな訳で、そんで大腸は男性では3位なんですよ!


まぁそんな訳で、検査日の前日用に3食分の食事セットまであったり。
その前日の晩には、マグコロールPって下剤を250mlと錠剤の違う種類の下剤を飲むんです。
この250mlがぜんっぜん飲めないっ! 激マズっ!
最初はスポーツドリンクっぽさな感じで飲めたけど、進むにつれて全く受け付けなくなってくる…
まぁなんとかほぼ飲み干しましたけどねぇ

下剤飲んで寝ましたが、深夜2時頃にトイレで起きました。
なんとか、おさまって… また、寝れました。


そんで、検査日当日は、病院で検査着に着替え。
ケツの処に穴が空いてる紙パンツを履くんです。
当然、後で、そのケツを先生に差し出す訳です。

10:30に病院に入って着替えを済ませてから。
検査が始まる14:00までにまた下剤飲むんですわ。
今度のはニフレックってやつで2リットル!
でもでも、これは飲みやすかったので助かった〜
1リットルの原液を1リットルの水で薄めてあるからかなぁ

とにかく下剤を飲んでは出し… 飲んでは出し…
お腹の中が空っぽになるまで、出てくる物が透明な液になるまでの繰り返し
でないと、検査の時に、カメラを突っ込んでも、よく観察できないからです。
自分のためになんとか… がんばりました。

そうそう、その日、一緒に検査を受けていた方が2人いました。
40代ぐらいの男性とお婆さん
私とその男性は苦労して下剤を飲んでいたんですが、
お婆さんは2リットルを飲み干してましたよ!
でも、なかなか便意が来ず、大変そうでした。


でまぁ、検査時間までにはほぼ飲み終えて、お腹の中も空っぽに。
呼ばれて診察室へ
ケツを先生に向けて横向きで診察台に寝そべります。
痛みを感じる前に、あっという間にカメラの付いた管はお腹の中へ

腸の一番奥まで到達してから、観察スタートです。
空気を入れながらの観察なので、お腹が張るんですよね。
で、オナラをしていいですよって、仕切りに言ってくるんですけど(笑)
こっちは、ケツに管差し込まれてて、出したくても簡単には出せねぇっての(笑)

結局、検査終了までにオナラは出せず仕舞い。
検査自体も5〜6分で終了。
前日からのあの苦労は何だったのかと思うほど、すんなり終了。
結果も、全く異常なしでした!


検査途中で痛かったら麻酔使えますって話でしたが、
痛みはほとんどなかったですね。
これで、ポリープが見つかっていた場合は、
小さければその場で切除だったので、もっと大変だったでしょうね。

とりあえず、異常なく、初体験も何とか済んで良かったです。
日頃の生活習慣が身体に異変をきたす訳ですから、
気を付けようと改めて感じました。

検査当日は朝から何も食べれないので、プチ断食な感じで、
腸もリセットされて健康になったかも。
1kgだけですが体重も落ちてたしね。

年明けからまだ馬券的中無しの運気もリセットということで…
日曜の2重賞はがんばります!!
では、土曜の晩にまた☆